black and white photo of people riding motorcycle

恋愛心理学

ヤンキーがモテる理由 真面目な優しい男がモテないのはなぜ?

※アフィリエイト広告を利用しています

中学生〜高校生にかけて、ヤンキーはモテる傾向にあります。

ヤンキーがクラスで一番可愛くて頭も良い、性格も優しい女の子と付き合える一方で、

真面目に勉強して誰にも迷惑をかけずに生きている優しい男がモテないのは不条理のような気もします。

しかし、心理学的にはヤンキーがモテる理由というのはとてもシンプルです。

今日の記事ではヤンキーがモテる理由について解説していきます。

大人になってからヤンキーになることは勧めませんが、なぜ不良がモテるかを知ることはあなたの恋愛において確実にプラスになるはずです

ヤンキーは、集団の中で最も強いオスだからモテる

原始時代から女性は、自分と子供が生き残るためには群れの中で最も強いオスをパートナーに選ぶという本能があります。

弱いオスでは自分も子供も守ってもらえませんが、最も強いオスのパートナーになれたら群れの中でNo.2の強い立場になりますし、リーダーの子供も群れの中では安全です。

原始時代の本能って...そんなこと本当にある?

こう思う方もおられるかもしれませんが、人の脳は実は原始時代からほとんど仕組みは変わっていません。

女性は本能的に強いオスに惹かれる傾向があるというのは、今も昔も変わらない事実です。

限られたコミュニティで立場の強い男はモテる

たとえばファーストフード、コンビニの店長など、社会的には高給でもない、モテるとは思えない職業の男性でも、一緒に働く女子高生、女子大生から異常にモテることがあります。

これは、限られたコミュニティ内で立場が強い男性に女性は惹かれるという習性によるものです。

特に地方都市ではヤンキーの立場が強く、閉鎖的なコミュニティ内では彼らがモテる傾向にあります。

ヤンキーは神経症的傾向が低いのでモテる

心理学の研究では、神経症的傾向が低い男はモテるという結果が出ています。

逆に神経症的傾向が高い男はモテないのですが、「神経症的傾向が高い」とはかんたんに言えば病みやすく、情緒不安定で落ち込みやすい性格を指します。

メンヘラの病みやすい、繊細なヤンキーというのはやっぱり少ないですよね。

良い意味で細かいことは気にしないヤンキーは、神経症的傾向が低いと言えるでしょう。

神経症的傾向が低いと落ち込みにくく、前向き、メンタル強者という特徴があります。

周りの男よりも強いヤンキーは精神的にも動揺しにくく、女性からは頼れる男に見えます

ヤンキーは十代の恋愛に強い

限られたコミュニティの中で最も強い立場のヤンキーが、優等生の美女と付き合うことは珍しくありませんが、

女性が高校を卒業して都会の学校へ進学するなどすると、ヤンキーと付き合っていた時代は黒歴史となることが多いです。

都会には高学歴、高収入、イケメン、おしゃれなど、ヤンキーよりも洗練された優秀なオスがたくさんいるので、そこで目が醒める女性は多いようです。

今では都会ではヤンキーは絶滅の危機にありますが、地方の閉塞的なコミュニティ内ではいまだにヤンキーがモテていることは事実です。

真面目で優しい男がモテるのは大学生以降

真面目に勉強をして、良い大学に入ってモテるようになる男性は多いですが、小学生〜中学生の頃は勉強ができる男はモテにくいでしょう。

女性が「高学歴、高収入」という要素を男に求め始めるのは高校を卒業して以降のことが多く、

十代の間は周りよりも強いヤンキーや、スポーツのできる男子が真面目な男よりもモテやすいでしょう。

真面目で優しい男がヤンキーに見習うべき点

真面目で優しい男は、十代の間はヤンキーよりもモテない傾向にありますが、ヤンキーに見習うべき点はたくさんあります。

もちろん、反社会的な行動ではなく、

  • 女性に媚びない自信満々な態度
  • 根拠のない自信
  • いざという時の強引さ、押しの強さ
  • ハキハキとした力強い喋り方
  • 仲間想い
  • 鍛えられた身体

こうした、強オスの要素やマインドを持つ男は、弱々しい男よりも断然モテます。

この点に関しては、ヤンキーを見習ってみるのも良いでしょう。

真面目な優しい男が強いオスになるには、外見磨きから始めよう

学校を卒業してからは、ヤンキーのように喧嘩が強いことには社会的に何の意味もありません、

しかし、格闘技を習ったり筋トレで身体を鍛えて強いオスの見た目を手に入れることは、自信もつきますし、女性から見ても魅力的に映るでしょう。

現在、通常のジムの半額以下で24時間通い放題、好きな時間に筋トレ、各種マシンが使えるChocozapは特におすすめです!

  • この記事を書いた人

ケンタ

初めまして、心理カウンセラーとして働く34歳男性です。 子供の頃からブサメン低身長、23歳の時に「このまま人生を非モテのまま終わらせたくない」と強く願い、 世に溢れるありとあらゆる「モテ」に繋がる書籍・行動心理学・メンタリズムを研究、実践することで、独自の恋愛工学を作り上げました。 このブログでは「いつも友達止まりで恋愛が上手くいかない」とお悩みの男性向けに、恋愛心理学・メンタルヘルス・脳科学の知識を中心に、非モテだった頃の過去の自分にタイムスリップして教えてあげたいような、幸せな恋愛を実現するための実践的なノウハウをお伝えします。

-恋愛心理学