恋愛心理学

[知らないと一生非モテ]恋をすると出る恋愛ホルモン「PEA」!非モテムーブ・非モテコミットが誘発される仕組み

※アフィリエイト広告を利用しています

世界共通でモテない男性には「余裕」がありません。そして余裕がある男がモテるのは分かっていても、いざ恋愛になると余裕を失って失敗してしまう。そんな方は多いのではないでしょうか?

今日の記事では心理カウンセラーである僕の脳科学の知識から、女性に対して余裕がなくなって失敗してしまう仕組みについて解説します。

この記事を読めば、好きな女性の前でいつもテンパってしまう脳のメカニズムを理解して、非モテコミット(余裕のない行動)を抑えることができるようになります

非モテムーブ・非モテコミットがやめられない、好きな女性の前ではテンパってしまう原因は恋愛ホルモン

みなさんは「PEA」という言葉をご存知でしょうか?この「PEA」は恋愛ホルモン、ときめきホルモンなどとも呼ばれるフェニル・エチル・アミンのことを指します。

女性

あなたといると、なんだかドキドキする❤️

こうしたドキドキの状態は、PEAが女性の脳内に分泌されていることと同義だと言っても差し支えありません。人が恋に落ちる際にはこの「PEA」が脳内に分泌されているので、あなたの意中のお相手と会話やデートをした際には、女性の脳内にPEAを分泌させればさせるほど惚れられる。ということになります。

食べ物、飲み物で言えば赤ワイン、チョコレート、チーズなどはPEAの分泌を促進するので、デートではこれらを網羅しているイタリア料理のお店がおすすめですし、恋愛心理学ではよく知られている「吊り橋効果」と呼ばれる理論は、「一緒に吊り橋を渡るという不安定でドキドキする状態を、PEAが分泌して一緒にいる相手が好きだと感じている状態と錯覚して男女が親密になる」

というものです。

「お化け屋敷には男女で行くのがおすすめ」

「デートには絶叫マシーンがおすすめ」

とよく言われるのも、怖い、恐ろしい、ドキドキするという気持ちを恋愛感情と錯覚する。というからくりで、吊り橋効果と基本的な仕組みは同じです。また、デートスポットってすごく綺麗な場所が多いですよね?あれって何故だと思いますか?

lighted city skyline at night

ちょっと夢のない話ですが、デートの定番スポットの高層ビルから見る夜景なども、二人で感動するほど綺麗な景色を見ることによって、恋愛ホルモン「PEA」が分泌されたような気分になって惹かれ合う。という仕組みです。しかし、適度なら良いのですがこのPEAの分泌が多すぎると、人は理性的な行動をとることが難しくなることがあります。

これが男女間で両思いのケースではラブラブすぎて、いわゆる「バカップル」のような状態になります。こう書くと、

PEAって素晴らしいですねブサケンさん!モテるためには僕もPEAを脳内でもっと分泌できるようにできたらいいんですね!

こう思う男性もいらっしゃるでしょう。しかし、PEAはある程度お互いに同等の好意を持っていたり完全に両思いの場合は良いのですが、片思いの場合は要注意、どころではありません、超超超超超注意です。大事なことなのでもう一度言います。

非モテ男性の皆さん、恋愛ホルモンPEAには超超超超超注意です。ヤバイです。ここからは、このPEAの恐ろしさについてお話ししていきます。

片思い中に「PEA」が大量分泌されて理性を失うと、壮絶な非モテ行動・非モテコミットの原因となる

ここまではPEAのポジティブな側面を解説してきましたが、昔の自分のような非モテ男性が片思いの状態で、このPEAが大量に分泌されるとどうなるか?PEAによって脳が正常で理性的な判断をできなくなり、人間ではなくチンパンジーのような状態となります

さすがにこんな経験はありませんが、極端な例を挙げると

チンパンジー

アイドルの〜ちゃんが握手会の時に潤んだ目で俺を見ていた!俺に気があることは間違いない。早く目を覚まして芸能界を引退するよう実家まで説得に行こう!俺と結婚すれば彼女は幸せになれる!

こんな感じですね💧ここまではいかなくても、大好きな子を前にすると緊張して言葉が出なくなったり、挙動不審になったり、いきなり長文のLINEを送りつけたり、関係に不相応な高価すぎるプレゼントをしてドン引きされたり..

こうした、客観的には明らかに制御不可能なおかしい行動をしてしまう、脳がチンパンジーになってしまった非モテを見た女性はこう思います

キモい

僕も非モテ時代に思い当たることだらけなので、心を痛めながらこの文章を書いていますが、PEAは片思いの非モテにとっては恐ろしい脳内物質で、最初は良い感じだった女性とも、途中で本気で好きになってしまい、PEAに脳が侵されたチンパンジー的行動によって脈ありから一発アウト、「恋愛的にナシ」になってしまった経験が僕には何度もありました。

僕は失恋経験は何度もありますが、一番悲しい失恋って高嶺の花に最初から相手にされない場合じゃないんです。それなら「自分のスペックが足りないんだな」と諦めがつきます。後悔で人生に絶望してしまうような一番悲しい失恋は、デートに応じてくれるような、最初はアリだった女性に対して自爆して失恋してしまうケースです。

非モテの失恋原因、ダントツのナンバーワンは、PEAによって頭がチンパンジーになってしまうことによる自爆です

この自爆は、仕組みを正しく理解しないことには何度も何度も繰り返されます。胸の奥が掻きむしられるような感情が出てきて、コントロール不可能な状態になってしまいます。そうなると一生、好きな女性との恋愛なんてできません

どうか、みなさんには自分と同じ悲しい、涙を流して何日も寝込むような経験はして欲しくない。その一心でみなさんに伝えたいことがあります。

メタ認知でPEAを制御して、チンパンジーから人間に戻る訓練をしよう

メタ認知で恋愛ホルモンによる非モテ行動を制御せよ

メタ認知についてはこちらの記事でも解説していますが、

イメージで言えば、心の中にドローンを飛ばして上空から俯瞰的に自分自身を見ているような状態です。幽体離脱してチンパンジーになった自分を客観的に見ている。あるいは上空視点のRPGで自分自身を操作しているような視点です。イメージできたでしょうか?

要は、客観的に自分自身を認知して最悪の非モテ行動をしないように制御せよ!ということです。

ちなみに自分の場合は、好きな子を見ていて焦って「なにかしなくてはいけない!」と、真夜中に長文LINEを送りたくなったり、嫉妬心で心がざわざわする状態=PEAが過剰に分泌されていることを自覚したら、「ここで現場から中継です」と、脳内に解説者をイメージして脳がチンパンジーにならないよう制御していました。

あーっと朝5時に泥酔で本命女性に思いを伝える非モテ特有の長文Lineを作ってしまっていますね、このまま送ってしまうんでしょうか?どう思われますか本田さん?

これあきませんよ 起きたら絶対に後悔するやつです

このような感じで、脳内に解説者とアナウンサーを登場させることによって客観的に適切な、人としておかしくない理性的な行動を取れるようになりました。

みなさんも自分に合った方法で、本命の子を前にしてイレギュラーな行動をしたくなったら「メタ認知」によって、取り返しのつかない非モテ行動を防ぐようにしてください。

ちなみに、僕は脳内に解説者の本田圭佑がいます。

この男のいまの顔と落ち着きのない仕草よう見てください!こらアカン。僕もう見てられません

また、自分は大学休学中の非モテフリーター時代にバーテンのアルバイトを始めたのですが、そこでは何度も酒に酔って頭がチンパンジーになってしまい、女性にフラれるお客さんを何度も目にすることができたので、「自分はこうなってはいけない」と強く思うようになり、貴重な勉強をすることができました。

恋愛では己を客観視することで非モテコミットを抑えよう

「男は恋に落ちると客観的に自分の状況を見ることができなくなる、周囲で見ている友人の方が適切なアドバイスができる」という海外の大学での研究結果もあるのですが、みなさんも友人男性が女性と良い感じだったら客観的に分かりますよね?

いつもアドバイスしてくれる友人がいなくても、自分自身を客観的にメタ認知で見ることで「ああ、これは押してもダメだな」「そこで押したらいけるのに」といった、恋愛において適切な行動を取れるようになります。

そして、非モテ男性の多くは「PEAによって頭がチンパンジーになってしまい、やってはいけないNG行動を取ってしまっています」恋愛においては行動力、攻めの姿勢が必要な場面はありますが大前提として余裕がない状態では何をしても上手くいきません。非モテの方が余裕を失って焦っている状態では「何もしない」ことが最善であることが多い。勝算がない時には撤退して頭を冷やすことも必要です。

嫉妬心でいっぱいになった、失うことが心配でたまらなくなった、焦って一発逆転や自分の思いだけでも伝えるために突拍子もない行動を取りそうになった。そんな時は心の中のドローンを飛ばしてください。

いま自分の頭がチンパンジーになっていると自覚して、人間に戻れるよう冷静になりましょう。そのためにはぜひ皆さん、メタ認知を身につけてくださいね。

選択肢の少なさは恋愛ホルモン=PEAの分泌と焦りを加速させる

モテ男でも「本命の女の子だけにはうまく喋れない」というケースもありますし、PEAの分泌は恋をする以上はある程度は避けることができません。そして、本命の子に対して「この子しかいない」「絶対に失敗は許されない」といった選択肢の少なさは焦り、余裕のなさに直結して非モテ度を劇的に高めるので注意が必要です。

PEAが分泌していても「まあ、本命のこの子がダメでも他に4人口説いてるし最悪、どれかがいけたらいいか」くらいで考えていると、逆に本命の子に対して余裕が生まれて、適切な行動が取れるようになります。

「一途な男はモテない」というのは、PEAの分泌から生じる余裕のなさと無縁ではありません。たとえばあなたの周りにいる女性に慣れたモテ男でも、白石麻衣や斎藤飛鳥、新垣結衣といったアイドル、女優とデートしたら確実に平常心は保てないでしょう。これは、お相手に対して「芸能人とデートできるこんなチャンスは二度とない、絶対に失敗したくない、嫌われたくない」と考えて余裕、平常心を失ってしまうからであり、

あなたが一途に大好きな本命女性に対してだけはいつもうまくいかない。という場合は同じように、相手を過大に評価することでモテなくなっている。という心理的なからくりに気づいてください。

あなたが一途に大好きで大事に大事にしている、白石麻衣のように思って緊張してPEAを脳内に分泌しまくっているお相手は、頭がチンパンジーのままでは同時進行で何人も女性に声をかけて適当にアプローチしてくるモテ男に、ふとしたタイミングで取られてしまいます。

恋愛心理学だけを自宅で学んでいても、実践しなければモテるようにはなりませんが、「あ、いま自分はPEAに脳がやられている」と自覚できるメタ認知を身につけることは、恋愛における決定的な失点を防ぐ上ではとても重要です。そして、あなたに最低限の清潔感があっても長年モテないのだとしたら、どこかで焦って余裕を失い失点してしまっている可能性が高いです。

ちなみに余裕がない、モテない男の非モテコミットの仕組みと対策についてはこちらの書籍に詳しく記されています
⬇️

また、余裕を身につけて非モテコミットを防ぎたい方には、男性向けの本当に役立つ恋愛本ランキングを記したこちらの記事もおすすめです。

さて、みなさんはこれから先の人生もPEAに一方的にやられっぱなしで良いわけがありませんよね?PEAなんて今の時代では科学的に解明されているのに、一生、自分だけが頭がチンパンジーになって恋愛で失敗しまくって、大好きな女性から「キモい」と思われて縁が切れていくのは悔しいでしょう?だったらどうせなら、これからの人生ではPEAを味方につけましょう。

既婚者・チャラ男・ホスト・キャバ嬢がモテるのは恋愛ホルモン=PEAをコントロールできているから

みなさんは奥さんや彼女を大事にしている既婚者やチャラ男がなぜモテるのか不思議に思ったことはありませんか?それは、彼らは本命女性に対してだけ恋愛ホルモン=PEAを発していて、その他の女性にはPEAを発していないので頭がチンパンジーになることなく恋愛ができるからなんです。

入れ込む女性の方は頭がチンパンジーになってしまっていますが、本命女性がいる方は頭が人間のままなので、必然的に恋愛を有利に運ぶことができるというわけです。

奥さんはいるけど二番目でもいい!

彼氏はホストのお仕事、今は形だけ奥さんがいて月に一回しか会えないけど、わたしがお店のナンバーワンになるまで支えて結婚する!

こういう女性は正常な判断を失っているのはわかりますよね。。

また、ホストやキャバクラ嬢に惚れてしまった方は、頭がチンパンジーになってしまいますが相手はお仕事ですから余裕のある平常心でいますよね?それがさらに魅力的に見えてしまい、数百万、場合によっては数千万円を貢ぐといった行為につながるわけです。

まとめ

今日は恋愛ホルモンと呼ばれるPEAの仕組みについて解説しました。

みなさんも余裕を持って大好きなあの子と接して、相手の脳内に「あなたが素敵」というPEAを分泌させまくって、ベタ惚れさせてみたいとは思いませんか?過去にはPEAに脳内をやられまくって、何度も情けない失恋を繰り返してきて、今やPEAを味方につけた自分だからこそ非モテの皆さんに伝えられることがあります。

たかが脳内ホルモン、正しく理解、対策をして強力な味方になってもらうことで今まで散々苦しめられた貸しを返してもらい、モテなかった人生にリベンジしましょう。

本命女性と無事に付き合うことができたら惜しげもなくPEAを出して大切にしましょう。それまではしっかりと自分の脳内の状態を自覚してコントロールすることが大切です。

最後におすすめの恋愛書籍もリンクを貼っておきますので、ぜひ読んで恋愛の知識を強固なものとしていきましょう。恋愛心理学に関する読み切れないほどたくさんの書籍が月額1000円以下で読み放題のKindle Unlimitedは特におすすめです。

月額固定で読み放題!Kindle Unlimitedの詳細はこちらをクリック

created by Rinker
¥1,366 (2024/04/14 05:59:04時点 Amazon調べ-詳細)
  • この記事を書いた人

ケンタ

初めまして、心理カウンセラーとして働く34歳男性です。 子供の頃からブサメン低身長、23歳の時に「このまま人生を非モテのまま終わらせたくない」と強く願い、 世に溢れるありとあらゆる「モテ」に繋がる書籍・行動心理学・メンタリズムを研究、実践することで、独自の恋愛工学を作り上げました。 このブログでは「いつも友達止まりで恋愛が上手くいかない」とお悩みの男性向けに、恋愛心理学・メンタルヘルス・脳科学の知識を中心に、非モテだった頃の過去の自分にタイムスリップして教えてあげたいような、幸せな恋愛を実現するための実践的なノウハウをお伝えします。

-恋愛心理学